市販薬のどんな成分がニキビに効くの

炎症を抑える成分が効く

ドラッグストアなどで販売されている多くのニキビに効く市販薬には、どのような成分が含まれていて、どのような効果を発揮するのでしょうか?商品によって有効成分は異なりますが、多くが炎症を抑える成分を配合しています。グリチルリチン酸やビタミンC誘導体は、ニキビの炎症を鎮める効果があるとして、市販薬に配合される代表的な成分です。特にグリチルリチン酸は医薬部外品の商品にも、多く使われているほどニキビに対しての効果が優れています。グリチルリチン酸は甘草という植物から作られた成分です。炎症抑制作用によって赤くなったニキビの治りを早める他にも、痛みを緩和する効果もあることから、赤く腫れて痛みを伴うニキビに対しても効きます。

ピーリングや殺菌効果のある成分も有効

ニキビ対策用として販売されている市販薬には、ピーリング作用のある成分を配合している商品も少なくありません。軽いピーリング作用によって、古い角質を人工的に剥がしてニキビの治りを早める効果が期待できます。サリチル酸は角質を柔らかくする働きがあり、ピーリング剤として市販薬にも使われている成分です。この成分は殺菌作用もあるため、ニキビを引き起こすアクネ菌を減らしてニキビ改善するだけでなく、ニキビ予防としても有効です。他に殺菌作用があるとして古くから、イオウもニキビケア商品に使われてきました。イオウは毛穴を柔らかくする作用や、皮脂分泌を抑える作用がある成分として知られています。特に皮脂分泌が過剰でニキビができやすい、肌質の人におすすめです。市販薬でニキビケアをする場合、このような成分が配合されているかチェックしてみると良いでしょう。

© Copyright Time To Treat Acne. All Rights Reserved.